編み物資格を完全マスター!

編み物資格を完全マスター!サイトイメージ

編み物資格講座を提供している諒設計アーキテクトラーニングの講座内容や編み物資格で学ぶことについて詳しく詳細までまとめているサイトです。

MENU

ちょうどいいサイズのマフラーを作れる

マフラーは手編みが一番!

手編みのマフラーは、寒い時期に重宝されるアイテムです。また、初めての編み物と言えば、手編みマフラーが定番なのではないでしょうか?自分のために編んだり、プレゼントのために挑戦する方も多いことでしょう。

マフラーを手編みすれば、既製品とは違い、自分のファッションスタイルに合わせてちょうどいい長さに調整できる、というメリットもあります。

ちょうどいいサイズのマフラーを作れる

また、市販マフラーの多くは機械編みでアクリル素材のものが多く、網目に隙間がありますが、手編みなら自分で毛糸を選べるので、暖かさも調整することが可能です。

マフラー制作で大切な毛糸選び

マフラーを制作しようと思い、いざ手芸店に行くと毛糸の種類の豊富さに驚かれることでしょう。毛糸の素材やカラーも外せないポイントですが、一番注意したいことは、毛糸の太さです。

毛糸の太さには「超極太」、「極太」、「並太」、「合太」、「中細」、「合細」、「極細」などがあり、市販されている毛糸にすでに表示されています。一般的に初心者向けのマフラー制作には、並太や極太を使用することが推奨されています。

なぜなら、糸が細くなればなるほと編む量が増えるため、同じ長さのマフラーを編む場合には太い糸よりも難易度が増すからです。

すでに編み物を得意としているなら、さまざまな太さの毛糸に挑戦できますが、初心者の方は毛糸選びを慎重に行うようにしましょう。

マフラーにおススメの編み方とは?

毛糸の太さだけでなく、どのような編み方をするかによってもマフラーの仕上がりは異なってきます。縦のラインが魅力的で長さも手軽に調整できる「1目ゴム編み」は、マフラーの定番編みと言えるでしょう。

ふんわりとした柔らかい編み上がりになることに加え、さまざまな巻き方にアレンジすることも可能です。長さを長めにしたロングマフラーにも最適な編み方です。

また、軽くてハリがある「ガーター編み」も人気です。特に編み物初心者にはオススメの技法と言えるでしょう。ガーター編みならボーダーなどの模様も簡単に入れることができるので、手作り感をだすことも可能です。

手作りマフラーは、フリンジ無しにしたり、フリンジを好みの長さに調整できるのも魅力となっています。

この機会に冬に向けて手編みのマフラーに挑戦してみるのはどうですか?自分用に編むのもいいですし、誰かのために世界にひとつだけのマフラーを編んでみるのもオススメです。


TOP