編み物資格を完全マスター!

編み物資格を完全マスター!サイトイメージ

編み物資格講座を提供している諒設計アーキテクトラーニングの講座内容や編み物資格で学ぶことについて詳しく詳細までまとめているサイトです。

MENU

手編みニットデザイナー資格(JIA)

「手編みニットデザイナー」資格とは?

「手編みニットデザイナー」資格は、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している民間資格です。この資格は、手編みできるニットに関する知識を証明するものです。

具体的には、初心者向けの編み物や簡単に作れる作品について、作品の仕上げ方の知識をもち、自分で作品を作るだけでなく、他の人にアドバイスできる能力も求められています。

手編みニットデザイナー資格(JIA)

また、棒編みやアフガン編みなどの技法でセーターや帽子、バッグ、小物などを制作する方法や、注意点を理解していること、アフガン編みの応用であるバックスステッチやメリヤス編みなどのバリエーションを理解していることもも求められています。

資格取得後は、手編みニットデザイナーとして自宅やカルチャースクールなどで教室を開き、講師として活躍することが可能です。

手編みニットデザイナー資格の認定試験概要

手編みニットデザイナー認定試験は、2ヶ月に1度、2・4・6・8・10・12月の偶数月に実施されています。受験資格は特求められていないので、どなたでも自由に公式ホームページから受験申請が行えます。

受験方法は自宅での在宅受験を採用しているので、地方に住んでいる方や、外出することが難しい方にでも受験しやすいと言えるでしょう。

また、試験に挑戦する機会が定期的に開かれていることも評判となっています。受験料は税込10,000円です。

手編みニットデザイナー資格の試験対策方法とは?

独学で資格取得を目指すことも可能ですが、認定協会が推奨している通信講座を利用すれば、2ヶ月という短期間で資格取得を目指すことも可能です。

認定協会オススメの講座「諒設計アーキテクトラーニング」の「編み物マイスターW資格取得講座」は、初心者の方でも問題なく学びながら、2つの編み物資格が目指せる講座内容を提供しています。

講座に「通常講座」と「スペシャル講座」が用意されており、通常講座は講座卒業後、個人で資格取得を目指すコースとなっています。一方、スペシャル講座は、卒業課題を提出することで認定試験が免除され、講座卒業と同時に2つの編み物資格が認定されます。

確実に2つの編み物資格を取得したい方や、少しでも早く資格を取得したい方にはスペシャル講座の受講がおすすめです。この機会に講座の受講を検討してみるのはいかがでしょうか?

まずは諒設計アーキテクトラーニングの公式ホームページをチェックしてみましょう。

手編みニットデザイナー


TOP