編み物資格を完全マスター!

編み物資格を完全マスター!サイトイメージ

編み物資格講座を提供している諒設計アーキテクトラーニングの講座内容や編み物資格で学ぶことについて詳しく詳細までまとめているサイトです。

MENU

【概要まとめ】編み物資格講座の受験資格とかかる費用

おススメの編み物資格とは?

大好きな編み物を仕事にすることができれば、毎日が楽しいことでしょう。編み物の経験と人に教える能力があれば、編み物資格を保有していなくても、だれでも編み物関係の仕事に就くことは可能です。

しかし、資格を持っているととても有利になります。採用の可能性や、教室を開いた際の集客力に差が出てくることでしょう。では、おススメの編み物資格とは何でしょうか?

【概要まとめ】編み物資格講座の受験資格とかかる費用

編み物資格にはいくつかの種類がありますが、特に日本インストラクター技術協会(JLESA)が主催している「編み物マイスター」と、日本インストラクター技術協会(JIA)が主催している「手編みニットデザイナー」が評判です。

編みもの資格の受験資格と費用について

「編み物マイスター」と「手編みニットデザイナー」は、試験に合格することで資格取得となります。受験資格は特に求められていないので、編み物資格を取得したい方はどなたでも自由に各主催者の公式ホームページで受験申請が行えます。

試験は2ヶ月に1度、定期的に開催されているので、挑戦の機会が多いと言えるでしょう。また、受験方法は自宅でも在宅受験を採用しているので、自宅でリラックスした雰囲気のもと受験できるのも魅力となっています。

どちらの認定試験も税込10,000円となっています。ですから、2つの資格を取得したい場合は、合計20,000円となります。ただし、この費用は認定試験に1度で合格した場合です。

合格基準は70%以上なので比較的合格しやすいと言えますが、専門的な知識が求められていますので、しっかり試験対策をして臨まれることをおすすめします。

認定講座で効率よく資格取得を目指そう!

資格認定主催社は、効率よく資格取得を目指せるよう通信講座の受講を推奨しています。そのひとつとして通信教育「諒設計アーキテクトラーニング」は、2つの編み物認定試験に有効な「編み物マイスターW資格取得講座」を提供しています。

この講座には受験する必要がある「通常講座」に加え、講座を受講し卒業課題を提出するだけで認定試験免除で資格が認定される「スペシャル講座」も用意されています。

通常講座は税込59,800円、スペシャル講座は資格保証込で79,800円です。どちらの講座も、一括払いと分割払いからお好きな支払い方法を選べます。

編み物資格取得を目指している方は、効率よく資格取得が目指せる講座の受講を検討してみませんか?

編み物マイスターW資格取得講座


TOP