編み物資格を完全マスター!

編み物資格を完全マスター!サイトイメージ

編み物資格講座を提供している諒設計アーキテクトラーニングの講座内容や編み物資格で学ぶことについて詳しく詳細までまとめているサイトです。

MENU

毛糸の種類と毛糸の価格相場

毛糸の種類:①材質

毛糸の種類は、大きく分けると「天然繊維」と「化学繊維」の2種類に分類できます。天然繊維の毛糸には、綿(コットン)や麻(リネン)などの素材が一般的です。

麻は強度があり通気性があるので、夏物の定番素材とも言えるでしょう。また、綿も肌触りが良く、吸収性に優れているので夏用のストールなどに最適な素材です。

毛糸の種類と毛糸の価格相場

天然繊維には麻や綿などの「植物繊維」に加え、ウールやアンゴラ、カシミヤ、アルパカ、モヘヤ、シルクなどの「動物繊維」もあります。ウールは、みなさんもお馴染みの羊の毛です。

保湿性があり型崩れしにくいので、セーターやマフラーなど秋冬物のアイテムに適しています。また、うさぎの毛を使用したアンゴラは、軽くて柔らかいのでウール同様、秋冬物の定番となっています。

カシミヤは山ヤギの毛で作られており、繊維が細いため高級品の毛糸として扱われています。柔らかくて保湿性が高いアルパカはアルパカの毛で出来ており、モヘヤは山羊の毛でできた毛糸です。そして、蚕が作るシルク、つまり、絹は肌触りがよいのが特徴的な素材です

毛糸の種類:②太さ③形状

毛糸は太さの種類も豊富です。極細から超極太まであり、さまざまな呼び方をしています。具体的には超極太、極太、並太、合太、モヘア、中細、極細などがあります。

また、毛糸の形状もさまざまです。それにはストレートヤーン、スラブヤーン、ブークレーヤーン、モヘヤ・ツィードヤーン、ファーヤーンなどがあります。

また、近年は素材や形状がとても変わっている新素材の毛糸もあり、ファンシーヤーンと呼ばれています。この毛糸は1つの糸玉なのに、異なる形状や素材、太さの糸がつながっているため、編むと個性的な仕上がりになるため今、注目されています。

毛糸の価格相場はどのくらい?

毛糸を取り扱っているメーカーは数種類あり、それぞれのメーカーごとに価格もも異なってきます。10個で1,000円程度で販売されているものもあれば、1つの毛糸玉が1,000円以上するものもあります。

また、まとめ買いすることでお得に購入できるセットも各メーカーでは用意されています。さらに、100円ショップに行けば、100円で毛糸を購入することも可能です。

メーカーや購入する場所によって価格が変動されるだけでなく、各素材によっても価格は変動します。そのため、毛糸の価格相場を一概に述べることは難しいと言えるでしょう。


TOP