編み物資格を完全マスター!

編み物資格を完全マスター!サイトイメージ

編み物資格講座を提供している諒設計アーキテクトラーニングの講座内容や編み物資格で学ぶことについて詳しく詳細までまとめているサイトです。

MENU

編み物と裁縫はどう違うの?

編み物とは?

編み物とは、糸と針を使用して編みこむ技法で作品を制作します。編み方の技法には棒編み、かぎ針編み、指編み、アフガン編み、ダブルフックアフガン編み、機械編みなどがあります。

個人的に行う編み物や刺繍、裁縫などはすべて「手芸」と呼ばれています。つまり、手芸には経済活動が伴わない、家で作品を制作することを指します。

編み物と裁縫はどう違うの?

もし手芸をしてそれを誰かに販売する、つまり、経済活動を行う目的で制作している場合は、手芸ではなく「工芸」に該当します。また、近年では「ハンドメイド作品」とも呼ばれています。

編み物も誰かのために制作する目的であるとすれば、実用的という意味合いも持つハンドメイド作品が適切と言えるでしょう。

裁縫とは?

裁縫は、布を裁断して縫合することです。基本的には縫い物全般を指して使われています。裁縫には「洋裁」と「和裁」の2種類に大きく分類されています。

洋裁は主に洋服を縫うことで、和裁は和服を縫うことを指します。また、裁縫でも編み物同様、さまざまな作品を作ることができます。それには洋服に加え、小物なども含まれます。

編み物と裁縫の違いとは?

では、編み物と裁縫の違いは何でしょうか?編み物も裁縫も「手芸」なので大きな違いはありません。つまり、手芸には編み物や裁縫、小物作り、レース、フェルト作品などさまざまなものが該当し、両者は手芸のひとつに該当するということです。

しかし、手芸業界では、裁縫の仕事は洋裁と呼び、編み物などそれ以外の手芸を手芸と呼んでいます。そのため、洋服を制作する業界にいる方たちにとって裁縫は、手芸ではなく裁縫、もしくは洋裁で、編み物は手芸やハンドメイドなどに該当するようです。

いずれにせよ編み物にも裁縫にも呼び方が色々ありますが、資格を取得すれば、どのような知識を専門として有しているのかをアピールすることが可能です。

たとえば資格にひとつに日本生活環境支援協会が主催している「編み物マイスター」というものがあります。この資格には編み物に関する基本的な知識や技術などを有していることを証明するものです。

編み物資格は今、注目されている資格のひとつで、通信講座を受講すると効率よく学びながら、資格取得が目指せます。この機会に履歴書にも書ける資格取得を目指し、講座の受講を検討してみませんか?

まずは講座を提供している3年連続口コミ評判ランキング第1位を獲得している「諒設計アーキテクトラーニング」の公式ホームページをチェックしてみましょう。

編み物マイスターW資格取得講座


TOP