編み物資格を完全マスター!

編み物資格を完全マスター!サイトイメージ

編み物資格講座を提供している諒設計アーキテクトラーニングの講座内容や編み物資格で学ぶことについて詳しく詳細までまとめているサイトです。

MENU

編み物マイスター資格(JLESA)

「編み物マイスター」資格とは?

「編み物マイスター」資格は、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している民間資格です。この資格は、編み物に関する専門的な知識を有していることを証明します。

たとえば編み物の歴史、編み物の種類、それぞれの編み物に必要な道具、道具の基礎知識と使い方、それぞれの編み物に適した毛糸の種類と選び方、作品ごとの洗濯方法とアイロンのかけ方などについての知識が求められています。

編み物マイスター資格(JLESA)

また、棒編み、かぎ針編み、指編み、アフガン編み、ダブルフックアフガン編み、機械編みなどさまざまな技法の基本の編み方から応用、編み図の読み方、どのような作品が作れるかを理解していること証明します。

編み物マイスター資格の認定試験概要

編み物マイスター認定試験は、2ヶ月に1回、2・4・6・8・10・12月の偶数月に実施されています。受験資格は求められいないので、編み物に興味があるならどなたでも受講することができます。

日本生活環境支援協会(JLESA)の公式ホームページから受験の申請手続きを行いましょう。自宅での在宅受験を採用しているので、地方に住んでいる方や外出することが難しい方でも気軽に挑戦できることで評判となっています。

受験料は税込み10,000円で、合格基準は70%以上となっています。受験申込期間は前もって決められていますので、認定協会の公式ホームページで確認されることをおすすめします。

編み物マイスター資格の試験勉強方法とは?

すでに編み物を趣味として楽しんでいる方は、すぐにでも受験に挑戦してみることができるでしょう。しかし、編み物が初心者の方や、独学での編み物に不安がある方は、認定協会が推奨している通信講座を利用することで、効率よく試験勉強が行えます。

たとえば「諒設計アーキテクトラーニング」の「編み物マイスターW資格取得講座」があります。この講座には「通常講座」と「スペシャル講座」が用意されています。どちらも6ヵ月(最短2ヶ月)という受講期間中に、添削問題を5回クリアする必要があります。

通常の講座は講座卒業後、自分で資格取得を目指すコースですが、スペシャル講座は、卒業課題を提出することで認定試験が免除され、講座卒業と同時に2つの編み物資格が認定されるコースとなっています。

そのため、確実に資格を取得したい方は、スペシャル講座を受講されることをおすすめします。まずは諒設計アーキテクトラーニングへ、無料の資料請求からはじめてみましょう。

編み物マイスター認定試験


TOP