編み物資格を完全マスター!

編み物資格を完全マスター!サイトイメージ

編み物資格講座を提供している諒設計アーキテクトラーニングの講座内容や編み物資格で学ぶことについて詳しく詳細までまとめているサイトです。

MENU

アメリカ式の編み物の特徴とメリット

アメリカ式の編み物とは?

編みものというと、まずは初心者向きの棒編みの基本とも言えるメリヤス編みから挑戦される方は少なくありません。メリヤス編みとは、表メリヤス編みと裏メリヤス編みを交互に編みこんでいく技法です

この技法をマスターすれば、マフラーや帽子、手袋などさまざまな作品を制作することが可能です。そんなメリヤス編みには、二つの編み方があります。

アメリカ式の編み物の特徴とメリット

それは「アメリカ式」と「フランス式」の2種類です。両者の違いは編み込もうとしている毛糸を、どちらの手で持つか?という持ち方の違いがあります。では、アメリカ式の特徴についてさらにみてみましょう。

アメリカ式の特徴とメリットとは?

アメリカ式は、糸を右手に持ち、糸をかけるようにして目を編みだしていくスタイルです。アメリカ式は、初心者の方でも編みやすいと言われています。

編み目も揃いやすいというメリットがありますが、編み上がりがきつくなる傾向があり、時間がかかります。

アメリカ式で速く編むためには、右手と左手の両方を、リズムよく動かしながら編むことでスピードアップできるでしょう。また、自分に合った針を選ぶこともポイントです。

アメリカ式で編んでいる人は、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏に多くみられます。アメリカを中心に普及している編み方なので、世界的にみるとアメリカ式で編んでいる人が圧倒的に多いと言えるでしょう。

アメリカ式で編み物に挑戦してみよう!

棒編みをマスターすれば、毛糸はもちろん、さまざまな素材を編むこともできるようになります。特に棒編みには2種類あるので、初心者でも取り掛かりやすいアメリカ式を習得できたら、フランス式にも挑戦しても良いでしょう。

では、どのようにアメリカ式をマスターできるでしょうか?独学で学ぶことも可能ですが、編み物初心者の多くは分からない壁にぶつかってしまうと挫折してしまう傾向が見られます。

そこでおススメのツールとして、3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得している「諒設計アーキテクトラーニング」の講座を利用されることをおススメします

この通信講座の魅力は、初心者の方でも問題なく進められるカリキュラムを採用していることに加え、学習中分からないことがあればプロの指導者に個別質問することができます。

そのため、たとえ壁にぶつかったとしても、問題をすぐに解決することができ、制作を進められます。諒設計アーキテクトラーニングでは無料の資料を差し上げています。まずは公式ホームページをチェックしてみましょう。

編み物マイスターW資格取得講座


TOP